バイアグラ ジェネリック 比較

バイアグラジェネリック「トーワ」とバイアグラの比較


左:ファイザー製薬バイアグラ、右:バイアグラジェネリック「トーワ」

 

バイアグラが2013年に特許が切れたことから、2014年から日本でもバイアグラのジェネリックが製造販売されるようになってきました。
現在では本家ファイザー製薬のバイアグラより、日本製のバイアグラジェネリックの方が人気です。
私が薬を買いに行ったクリニックでも、ED治療薬のなかではバイアグラジェネリックが一番人気であると言っていました。

 

バイアグラジェネリックですが、東和薬品、陽進堂、キッセイ薬品、武田薬品、富士化学工業など数社が販売しています。

 

私が購入したのは東和薬品の「シルデナフィル OD錠 50mg VIトーワ」という商品です。

 

この商品の特徴は、OD錠といって水なしで飲めるタイプの錠剤であることと、真ん中に1/2分割しやすいように線が入っていることです。
また、コーヒー味(レモン味もある)がついていて、苦くありません(本来バイアグラは苦いです)。
※他のバイアグラジェネリックにはこういった特徴はありませんが、トーワより若干安いようです。

 

価格は1錠1,250円でした(バイアグラは1,500円)。
安いクリニックだと1,000円ぐらいで売ってるみたいです。
バイアグラよりちょっと安いですが、ジェネリックなんで半額以下にしてほしかったですね。

 

それはともかく、実際に使ってみました。

 

私はシルデナフィル25mgで十分なので1/2分割しました。手で割れるのでカッターが必要ないのはいいですね。

 

味はコーヒー味ですが、特に美味しくはないです。というか、別に味はあってもなくてもどうでもいいです。

 

OD錠なので水無しで飲めますが、水があったほうが飲みやすいので、水で飲みました。

 

肝心の効果ですが、本家バイアグラと全く同じですね(有効成分が同じなので当然ですが)。

 

本家バイアグラと「シルデナフィル OD錠 50mg VIトーワ」との比較ですが、
値段も安い、使いやすい、日本製。これはどの点からみても、「シルデナフィル OD錠 50mg VIトーワ」の方が優れています。本家バイアグラを選択する理由が見つかりません。

 

ただ、さっきも書きましたが、もうちょっと安くなってくれれば文句ないですね。

 

コスパで言えば、通販でバイアグラ100mgを購入して分割使用したほうがかなり安いですし、私は今後もバイアグラ100mgを購入すると思います。


→バイアグラ100mgの口コミ・詳細はこちら