バイアグラの勃起促進メカニズム

バイアグラの勃起促進メカニズムは?

バイアグラにはなぜ勃起促進効果があるのか?
バイアグラは血行を促進する効果があって、陰茎にも血液が流れ込むから勃起する、などという説明をする人がいますが、それは違います。

 

バイアグラを服用すると血行が良くなるのは正解ですが、それだけで勃起するならお酒を飲んでも勃起するはずです。そうじゃないですよね。

 

簡単に言うと、バイアグラには勃起を鎮める酵素の働きを阻害する働きがあるからです。

 

詳しくは、まず、図にまとめたので御覧ください。

 

まず、性的興奮があると、末梢神経からNO(1酸化窒素)が放出されます。

 

NOは海綿体平滑筋細胞内に作用すると、cGMPという物質が生成されます。この物質により海綿体につながる平滑筋が弛緩して血液が海綿体に流れ込んで陰茎が勃起します(この場合、平滑筋は動脈の弁のような役割を果たします)。

 

このままだと、陰茎には血液が流れっぱなしで、勃起がずっと続く状態になります。
それはそれで困りますよね。外を歩けませんよね(^^)

 

しかし、人体とはよく出来たもので、PED-5というcGMPを分解する働きをする酵素が体内には存在します。
勃起時には勃起を促進する物質の方が勃起を鎮める物質より優勢ですが、性的刺激がなくなるとPED-5の働きのほうが優勢になり、勃起が鎮まります。

 

ここでバイアグラの登場です。
バイアグラにはこの勃起を鎮めるPED-5という酵素の働きを阻害する効果があります。

 

その結果、勃起を鎮める効果は著しく減退し、勃起を促進する効果が優勢になります。
これがバイアグラによる勃起効果のメカニズムです。

 

なお、成分は違いますがレビトラやシアリスも同じメカニズムで勃起します。
これらは合わせてPED-5阻害薬と言われています。